前へ
次へ

セルフケアと並行してプロのケアを

歯の健康を維持するにはセルフケアとプロケアが必須となります。セルフケアを徹底しても歯石は少しずつ溜まりますし、歯科の定期健診やメンテナンスをしっかりと受けても、自宅での歯磨きをしないと虫歯や歯周病は進行します。あくまでセルフケアがメインと考えて、口腔環境を健全に維持するために歯科に行くのが理想的です。歯医者は口腔環境に応じたアドバイスをくれるので、間違ったケアを見直すきっかけにもなります。正しいケアを続けていれば、歯表面のエナメル質を守ることで知覚過敏なども予防できるでしょう。口腔環境が悪化する原因は数多くありますが、磨き残しだけでなく磨きすぎも関係してきます。研磨剤が豊富に含まれた歯磨き粉を頻繁に使用すると、エナメル質を薄くしてしまう可能性があります。こうした歯磨き粉は歯を白くするために役立ち、主にステイン汚れを除去するために使用されますが、一方でエナメル質を削ってしまう原因になるのです。自己流のセルフケアが正しければ問題ありませんが、適切ではないケースは多々あります。歯ブラシを例にしても、自分に合ったもの・合わないものが存在するのです。だからこそ定期的に歯科健診を受ける必要性があるわけです。口腔環境の変化に伴ってケアを変えていく必要性もあり、現在においてベストな方法が将来もベストとは限りません。例えば歯周病が進行しているのなら、歯ブラシをやわらかめに変えるなどの対策が必要になってくるでしょう。口腔環境の悪化で一番注意したいのは歯垢の増加であり、歯垢を磨きしが歯周病を招くのです。歯周病は口腔環境を急激に悪化させ、口臭や歯石の原因にもなります。歯石は歯垢が変化したものであり、石灰化して石のように硬くなっています。歯石は歯の裏側に付着しやすい性質があり、ひとたび付着すると歯科でしか除去できません。スケーリングやルートプレーニングなどの方法が必要になり、これらを定期的に受けることが歯周病を予防するポイントです。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren2set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top